意外と気づかれてないが藤澤カズヲ×ルメールの組合せが下半期に入って猛威を奮っている件