佑介「俺が馬なら、豊さんに乗ってほしいなぁ。こう、颯爽とスマートな感じで。」